意外と使える!クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険

海外旅行にクレジットカードを持っていく方は多いでしょう。
現金を持たなくても決済ができるクレジットカードは海外旅行の強い味方。

しかしクレジットカードには、決済機能以外にもいろいろな便利なサービスが付帯していることをご存知でしょうか。

この記事ではカードに付帯の「海外旅行傷害保険」についてご説明します。

スポンサーリンク

クレジットカードには保険が付帯していることをご存知の方は多いでしょう。
しかし、実際に使ったことがある方は少ないのではないでしょうか。

クレジットカードに付帯している保険の1つに「海外旅行傷害保険」というものがあります。
これは海外旅行中の事故や怪我、病気などの損害や治療費を補償してくれるもの。
筆者は実際に海外で病気のため入院が必要になり、クレジットカードの海外旅行傷害保険で費用を賄ったことがあります。

全てのクレジットカードに付帯しているものではない

心強い「海外旅行傷害保険」ですが、残念ながら全てのカードに付帯しているわけではありません。

多くの場合、年会費が発生するカードや、ヤングゴールド・ゴールド以上のグレードのカードに付帯しています。
ご自身のお持ちのクレジットカードに「海外旅行傷害保険」が付帯しているかを確認しておくようにしましょう。

適用条件にも注意

「海外旅行傷害保険」が付帯していたとしても、もう一つ、「適用条件」というものに注意をする必要があります。

クレジットカードに付帯している「海外旅行傷害保険」には、

自動付帯

使用付帯

の2種類があります。

自動付帯とは、カード契約が有効であれば自動的に付帯している「海外旅行傷害保険」が有効である、というもの。

使用付帯とは、旅行代金やツアー代金、一般的には日本からその国への飛行機代などの渡航交通費をあらかじめそのカードで支払っている場合に「海外旅行傷害保険」が有効になる、というものです。

ご自身のクレジットカードが「自動付帯」なのか「使用付帯」なのかをあらかじめ確認しておきましょう。
※使用付帯の場合、有効になる条件の確認も忘れずに

治療にかかる保障枠は合算!

傷害治療費、疾病治療費、などの治療・入院にかかる費用は、一般的には持っているカードの分だけ合算されます。

つまり、Aのカードで100万円、Bのカードで150万円の保証枠があり、渡航先での入院治療費に200万円かかった場合、AのカードとBのカードの保証枠を合算して支払うことができるわけです。

ただし、使用付帯のカードの場合は渡航費を決済しているなどの条件があります。
もし自動付帯と使用付帯の2種類のカードを持っている場合、使用付帯のカードで渡航費を支払っておけば、渡航先で入院などの治療費が発生した場合、カードの保証枠を最大限使うことができる、ということになりますね。

筆者の場合 具体的な使用例

筆者は北欧に1か月ほど滞在した際、急な疾患で入院を余儀なくされました。
なんとも間の悪いことに、一般の海外旅行傷害保険には加入していませんでした。
入院費は1泊10万円以上!
慌ててカードの保証枠を確認しました。

幸い2枚のクレジットカードが海外旅行傷害保険自動付帯で、入院・治療についての保証枠はそれぞれ200万円、計400万円でした。
幸い手術などもなく、入院も1週間程度でしたので、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険で賄うことができました。

尚、入院費は「キャッシュレス」で保険会社から病院に直接清算され、立替払いなどは発生しませんでした。
クレジットカードによってはキャッシュレスサービスに対応していない場合がありますので、海外に行く予定のある方はこの辺りも確認しておくと良いでしょう。

注意!カード付帯の海外旅行傷害保険では足りない場合も!

海外での医療費は日本と比べてとても高額であることが多いため、クレジットカードの付帯保険で数百万円の保証枠があったとしても、治療費をすべて賄えない可能性があります。

骨折や盲腸など、手術を要する入院は、かなり高額になることも。渡航先の医療費の相場などを調べておくのも良いかもしれませんね。
必要に応じて専門の海外旅行傷害保険に加入しましょう。

スポンサーリンク